リフォームで、使いやすくバリアーの低い住宅にすることにより、住み慣れた家で快適に生活し続けられます。

高齢による身体機能の低下や障害がある場合、従来の住宅では日常生活に支障をきたします。いつまでも住み慣れた家で生活するにはリフォームで住みやすく安全な住環境にすることが必要です。

「療養のしやすい環境」、「寝室とリビング、トイレ、浴室などの生活動線」「介護やコミュニケーションのとりやすさ」を考慮し、時間の経過とともに使用する福祉用具の変更を併せて考えることも視野に入れた提案を行なっています。

設計に当たっては、有資格者が一からご相談に乗ります。障害のある方に使いやすいキッチン、ご自身で入浴できる方法など、日常生活・動作をできるだけご自分でできるための提案を行なっています。

お気軽にお問い合わせください!

Scroll Up