鬱病と依存症は合併症になる事が多いそうです。私も自分が鬱病と判断されて鬱病と認めたくなくてお酒の量が増え、毎日飲むようになった時期がありました。何故こうなるか自分なりに考えてみました。

  • 正常な判断がつかなく、ネガティブな思考の場合が多い

⇒不安を止めるためにより快楽が強い物を求める

  • 突発的に動き、通常人が踏みとどまる一線を簡単に超える

⇒不安をかき消すためにギャンブルに大金を溶かす、昼間から酒を浴びるように飲む、違法なものに手を出してしまう

  • 依存先に病気である理由を求めてしまう

⇒ギャンブルで負けたから落ち込んでる。酒を飲み過ぎたからやる気が出ない等々

私の場合はさすがに昼間から飲んではいませんでしたが、当時毎日のように飲んでいました。自分のその時の理由としては、いっときでも不安な気持ちを忘れられる。次の日不安や気分の落ち込みが来るのはきっと飲み過ぎたせいだ。と思って行動していました。

その後じゃあ酒を飲まなければ解決だと意気込んで断ちましたが、もちろん回復しませんでした。そして処方薬も飲むようになり、段々と回復する道を歩みます。

鬱病と依存症
Scroll Up