過労についての続きになります。前回のブログから更に無理をして働き続けると精神的にも病んできます。

  • 仕事に行く前、もしくは就業中に吐いてしまう。
  • 手足の痺れを超えて震えがくる。
  • 寝る前、出社当日の朝、または就業中にいきなり泣いてしまう。
  • 私生活、就業中のたとえ定時だとしても辛くて辛くて耐えられなくなる。
  • 独り言が勝手に出てしまう(考えたことが直で口から発してしまう)。
  • 全てにイライラして叫びたくなる。
  • 常にだるくてやる気が何もなくなる。ご飯食べる、風呂に入る、家族と話す等が出来なくなる
  • 好きな事を行えなくなる。行っててもイライラしてしまう。

以上の様なことが私の身に降りかかりました。仕事仲間が頑張っているのでと思いずっと耐えてきましたが、最後にはポキッと心が折れるのがわかりました。一線を超えたのが実際にわかります。

その後辞め、しばらく療養していましたがずっと何事にもやる気が起きなくて生活していました。ですがお金を稼がなければならないので就職しましたが・・・身体も気持ちも何か変です。

中途で入り先輩も育ててくれ嫌がらせ等も無く仕事していましたが、何故か辛い辛い辛い。お金を稼ぐために仕事をしているのは判っていたのですが、自分が何故、何のために仕事してるか判らなくなり(気持ちの矛盾)、気分が非常に落ち込み吐くようになりました。病院を何件も回りましたが原因がわからず、通院していた病院の勧めで精神科に受診して「鬱」と診断されました。

一線を超えて「鬱」になってしまうと簡単には治りません。仕事は大切ですが自身の身体を一番に考えてください。

過労と病気
Scroll Up